お仕事

初めての寄稿と、寄稿を依頼する側のポイント6個まとめ

投稿日:

モジャケン
こんにちはモジャケンです!

今回はじめて寄稿をさせていただいて、

依頼者様の対応が勉強になることばかりだったのでまとめます。

 

寄稿内容

今回寄稿させていただいた先は

てっぺさん(@teppesmn)のサイト『僕と投資と借金と。』

の(【ふるさと納税の始め方】初心者にも分かりやすく解説するよ (=゚ω゚)ノ

というページの中の【特別企画】ブロガーたちのふるさと納税 (2018)

という項目でどんなふるさと納税を、どんな理由で選んだのか、について寄稿させていただきました。

モジャケン
「独身者はこんな発想すらなかったので関心しました」と感想をいただいています!

 

寄稿を依頼する際の6つのポイントと依頼された側の心情

てっぺさんの依頼時の内容が非常に明確だったため、

今後依頼する側になる際にはぜひ参考にさせていただこうと思いました。

<寄稿を依頼する際の6つのポイント>

✔︎報酬額の明確な提示
✔︎書いてほしい内容の説明
✔︎書かなくてよい内容の説明
✔︎文字数の提示
✔︎納期の提示
✔︎レスポンスの早さ

 

✔︎報酬額の明確な提示

まず報酬金額の提示があると安心しますし、その案件をやらせてもらうかどうかのボーダーにもなります。

 

✔︎書いてほしい内容の説明

これは書いてほしい内容と、参考になるページを教えていただいたのでどういうことを書けばいいのかがクリアになって助かりました。

 

✔︎書かなくてよい内容の説明

今回の例でいくと「ふるさと納税の概要説明は不要です」と依頼時点でおっしゃっていただいていたおかげで無駄な作業をせずにすみました。

依頼された側は「がんばるぞーーーー!」という気持ちのもとついつい書きすぎてしまい、依頼した側は「ああここいらないんだよな…」となってお互い疲弊する時もあるかと思います。
が、最初に書かなくてよいことを教えておいてもらえるとミスマッチを防ぐことができて良いなと思いました。

 

✔︎文字数の提示 ✔︎納期の提示

これはどちらも明確に、〇〇文字程度・納期は2週間と提示していただけて「ふむふむ、OKです!と」いう感じでした。

加えて「間に合わなそうなら相談させてください」と最初におっしゃていただいたおかげで気持ちに余裕ができたと同時に、「逆に絶対早く仕上げよう!」と思いました。

 

✔︎レスポンスの早さ

これはもうすごかったです!
23:45頃に 「記事できましたので確認お願いします」と連絡すると、
速攻で「ありがとうございます、明日確認させていただきます^^」
ときたので (明日のお昼くらいに連絡もらえるかな〜)と思って寝たら
夜中の3時に 「記事にできましたので確認下さい」と!

これについて、てっぺさんは
「いつもはこんな早くないです (*´ω`*)
年末年始ゆえです (*´ω`*)」

と、おっしゃっていましたが、その他DMでのやりとり・記事公開をタイムラインに流すスピードなど、全てにおいて早く対応していただきました。

 依頼された側としては「レスポンスが早い」というのは安心するし、期待されている感じがするのでやる気になりました!

 

<寄稿を依頼する際の6つのポイント>まとめ

✔︎報酬額の明確な提示
✔︎書いてほしい内容の説明
✔︎書かなくてよい内容の説明
✔︎文字数の提示
✔︎納期の提示
✔︎レスポンスの早さ

 

以上、初めての寄稿と、寄稿を依頼者する側のポイント6個まとめでした!

 

 

モジャケン
またね〜

-お仕事

Copyright© モジャケンのいってみよう、やってみよう , 2019 All Rights Reserved.