食べ物

ステーキを家で焼いたら最高だった!簡単でおいしいお肉の焼き方とコツ

投稿日:

無性にお肉が食べたい!!

 

そんな衝動をおさえきれずにお肉を買って家で焼いたら最高だったので、焼き方やポイントをメモしておきます。


 

スーパーでお肉を買ってくる

 

 

やっぱり大きいお肉はテンションあがるー!!これはロマンだよ!

 

お肉を室温にならす

 

買ってきたお肉は冷蔵庫からだして常温(室温)で30分ほどしばらくおいておきます。そうすることで冷蔵庫⇒フライパンという急な温度変化を防ぎます。

 

お肉の筋切りをする

 

 

お肉の白いところに包丁で切れ目をいれていきます。これをしないと噛みきりづらくなります。

 

フォークで刺す!刺す!刺す!

 

 

お肉全体をフォークでブスブス刺していきます。親の敵かというほどしつこく刺します。ひっくり返して裏側も刺します。それはもうすっごい刺します。

 

お肉の重さの1%のお塩を計る

 

 

スーパーのお肉にはパックに何gか書いていると思います。その1%のお塩を計ります。

計ってみると「ちょっと多くない?」と思うと思いますがおもいきって使いましょう!この計るのちょっとめんどくさいんですが、やるとやらないとは大違いです。

今回は約400gのお肉だったので4gのお塩を用意しました。

(ハーブ入りのお塩を使いました。)

 

お肉に塩とこしょうをふりかけ、すりこむ。

 

お肉の上からパラパラと全体にふりかけるようにしてまぶします。これはかっこつけてる面と、お肉全体に均等に塩がいくように、という両面の意味があります。

お肉の表裏にふりかけたらかるく手ですりこみます。

 

にんにくとバターをフライパンであたためる。

 

 

にんにくは薄皮を向いて芽をとって、半分に切ったものを包丁の背で潰してからいれます。

バターがなければサラダ油でもいいとは思います。

この時点でアルミホイルを準備しておいてください。

 

フライパンにお肉を投入!

 

 

あたたまったフライパンにお肉をいれます!
ジュウッという音にもうヨダレがでそう!最高!

 

 

ここでは片面30秒以内で焼いてひっくり返します。裏面も30秒以内で焼いていきます。

火を通す、というよりも焼き色をつけるという意味合いが強いです。

 

アルミホイルで包む

 

 

 

両面ともに焼き色がついたらアルミホイルで包みます。

こうすることで余熱で中まで火が通っていきます。

30分ほど待ちます。

この間にまな板と包丁を洗っておいたり、副菜を作ったり、テーブルセッティングしたりしておきましょう。

ふたたびお肉をフライパンに!

 

火はもう通っているはずなので、ここでは表面を暖めるようなイメージです。

だいたい両面10秒づつくらい焼いたらお皿にとります。

できあがり!

 

食べる!

 

 

思う存分食べる!
塩が充分効いているのでソースとかはいらないと思います!シンプルに肉の味を堪能しよう!

いやー!満足感やばーい!

心も体も満たされる...お肉、最高。

 

買い物&準備メモ

・お肉
・ニンニク
・バター
・塩(お肉の重さの1%)
・コショウ

・フライパン
・アルミホイル
・はかり

 

あったら便利そうなもの&個人的に欲しいものメモ

⬇️ とんかつ屋さんでも使用されている肉の筋切り器らしいです!欲しいな...アマゾンのレビューもいい感じ!

 

⬇️ THE 肉叩き!オールステンレスでかっこいい!鶏胸肉に使ってもいい感じみたいです。

 

⬇️ 塊肉をグリルできる夢の家電!ロマン家電やー!

 

⬇️クリスマスや正月、誕生日のお祝いとかでこのお肉もらえたらめちゃくちゃ嬉しいな

 

あー、思い出しただけでまた食べたくなってきたーーー!!!

お肉最高ーーー!!!

 

モジャケン
またね〜

-食べ物
-, , , ,

Copyright© モジャケンのいってみよう、やってみよう , 2019 All Rights Reserved.