資格・検定・勉強

【資格検定】『ビジネスマネジャー検定』を受けました!一発合格した僕の勉強方法やおすすめテキスト等【管理職や管理職を目指す人向け】

投稿日:

こんにちはモジャケンです!

2019年7月のビジネスマネジャー検定試験を受けてきました!

帰ってからの自己採点した結果は91点だったので、

70点以上という合格圏内に無事入りました!

正式発表は2019年8月2日です。

といってもまだまだマイナーな検定だと思います。
そこでなぜ僕がビジネスマネージャー検定を受けることにしたかの動機と、どういった資格なのかをご紹介します。
あとは僕が使用したテキストとその勉強方法もがっつり書いていきます。

ビジネスマネジャー検定は昇格を目指すサラリーマンや、管理職としての自信をつけたい方にはうってつけの資格だと思います!

なのでモジャケンと同じような境遇のビジネスマンの参考になればと思い書いていきます。

■なぜビジネスマネジャー検定を受けることにしたか?動機

僕は入社しておよそ7年です。年齢は30代前半。
役職的にはリーダーになり、部下もできました。
だけど、今までリーダー研修なんてものは受けたことがなく、基本的にはOJT。

これまでは先輩のやり方を見様見真似で覚えてなんとか身につけていきました。

なので、自分で仕事を回す分には支障はないですが、

部下を指導する際や、プロジェクトを進める際にはまだまだ不安というか自信というものが持てずにいました。

 

そんな感じなので
体系的に管理職としての知識を学びたいな〜」と、常日頃から薄ぼんやり思っていました。

そして、ネットサーフィンしていると見つけたのが『ビジネスマネジャー検定』でした。
(マネージャーじゃなくてマネジャー)

で、検定の内容、学習内容を見てみるとふむふむまさしく僕が求めていたものでした!

ということで、受けることにしました。

どんな内容かというと、

■ビジネスマネジャー検定とは

東京商工会議所主催の検定試験です!
(東京ってついてるけど受験は全国でできます)

公式サイト
https://www.kentei.org/sp/bijimane/

ビジネスマネジャー検定試験は、マネジャーとして活躍が期待されるビジネスパーソンに対し、その土台づくりのサポートを目的とし、「あらゆるマネジャーが共通して身につけておくべき重要な基礎知識」を効率的に習得する機会を提供します。

■ビジネスマネジャー検定のメリット

昇格、昇給の基準とする企業もでてきていいるようです。

今のうちにとっておけば社内でも、また、転職活動の際でも武器の一つになるかと思います。

なにより知識と自信がつきます!

■ビジネスマネジャー検定の学習内容

第1部 マネジャーの役割と心構え
第2部 人と組織のマネジメント
第3部 業務のマネジメント
第4部 リスクのマネジメント

と4部構成になっており、全15章で構成されています。

その中には現状分析の手法である、SWOT分析や3C分析といったフレームワークや、
マネジャーが身につけるべき論理的思考、問題解決の7ステップ、など業務にすぐに活用できそうなものも多く含まれています。

ビジネスマネジャー学習カリキュラム

■ビジネスマネジャー検定の試験は年何回?受験者数は?

試験は年2回開催です。

毎年7月と11月に実施されています。

(2015年のみ7月と12月)

受験者数は2018年11月で約7,000人、前年が約6,000人だったので徐々に増えてきています。

■ビジネスマネジャー検定用おすすめテキスト

まずはテキスト

そして過去問

僕はこの2つの教材で無事合格しました!
これ以外はいらないと思います。

■ビジネスマネジャー検定の勉強方法

僕の場合は下記のような流れで勉強を進めました。

◎僕の資格勉強の流れ

1. さらっとテキストを流し読む。
2. テキスト2周目をじっくり読む。
3. 過去問を解いてみる。※弱点の洗い出し
4. 過去問の答え合わせ。解説をじっくり読む。
5. 弱点の補強
6. 他の過去問を解く、解説を読む。
7. 6でよく間違った章を集中して復習。

1.さらっとテキストを流し読む。

上記のテキストをまずは1周読みます。
この時はザーッと読んでいくだけです。ノートを取ったり、覚えようと赤シート使ったりはしません。ひたすら読んでいきます。
この一周目の目的は大まかに学習内容の全体像を知ることです。

なので「ふ~ん、へ~」ってな感じでどんどん読み進めていきます。

章末にある演習問題も1周目は飛ばします。

2.テキスト2周目をじっくり読む。

次にテキストの2周目に入ります。

この時はある程度理解しよう、覚えようと思いながら読みます。

章末にある演習問題も解いてみます。

3.過去問を解いてみる。※弱点の洗い出し

次は過去問にチャレンジします。

テキストに付属している第4回の過去問を実際に解いてみます。

この時の目的は自分の理解していないところ、あいまいなところを把握することです。

もっと言うと、わからないところを把握して復習する材料にするためです。

なので制限時間は特に設けません。

それよりも、「自分がよくわからないな~」って問題には適当に答えを書くのではなく、

なにがわからなかったのか、用語の意味なのか、文章のどの部分にひっかかったのか、などを
メモしておきます。これがめちゃめちゃ重要です。

4.過去問の答え合わせ。解説をじっくり読む。

次に解いた過去問の答え合わせです。

ここでの目的は上で書いたように、わからないことをわかることです。

なので合ってる問題がどうでもいいです、飛ばします。

間違った問題、自分があいまいだなとメモをした問題、そこを1問1問丁寧に解説を読んでいき
ます。

この時に自分の解いている時のメモがあるのとないのとでは雲泥の差が出ます。

なぜなら答え合わせの段階ではなんで自分がその答えを選んだのか、何に引っかかったのかって意外と忘れてしまっているからです。

なので絶対にメモは書いておくことをおすすめします。

ちなみにこのテキストの過去問の解説は丁寧だったのでそこもおすすめです。

5.弱点の補強

次は上記でわかった自分の弱点を補強していきます。

たとえばXY理論とPM理論がごっちゃになって覚えていたいり、ファイブフォース分析ってなんだっけ?であったり、そういったことをテキストを見ながら復習します。

この時初めて僕はノートを使って内容をまとめました。特に図にしながらまとめると頭に入ってきやすいのでおすすめです。

6.他の過去問を解く、解説を読む。

次は過去問をどんどん解いていきます。
そしてどんどんあいまいなところ、間違ったところ、をメモしていきます。
そしてそこの解説をじっくり読んでなぜ自分が間違えたのかを理解します。
ビジネスマネジャー検定のこの過去問は解説部分にその問題がテキストの何章にあたるかを記載してくれていますので、過去問を通して自分が間違えた章をカウントしておけば何章が弱いのかを把握することができます。

7.よく間違った章を集中して復習。

あとはひたすら弱点の復習です。

以上が僕の勉強方法です。

 

■勉強期間

このフローを僕はだいたい2か月で回して無事合格することができました。

時間を取れる方は1か月以内でも合格は狙えるんじゃないかと思います!

 

■最後に

ビジネスマネージャー検定は今回でまだ9回目の試験なので今後、受験者増加にともなって難化する可能性もあると思います。

取得を推奨している会社もでてきているようですので
管理職の方や、管理職を目指す方など興味のある方は早めのお受験をおすすめします!

 

モジャケン
それでは、資格勉強で得た知識を実務で活かせるように僕も引き続き頑張ります!

そして年収アップになることも願って…

以上、ビジネスマネジャー検定についてでした〜!

-資格・検定・勉強
-

Copyright© モジャケンのいってみよう、やってみよう , 2019 All Rights Reserved.